検索
Close this search box.

スターリンクWi-Fiが届かない場所への解決策: メッシュノード、有線LAN、他社製メッシュWi-Fiルーターの比較

スターリンクのWi-Fiがうまく届かない場所への対処法を紹介します。それぞれの方法のメリットやデメリットを比較し、最適な選択肢を見つけましょう。

メッシュルーター販売ページ
画像はスターリンクショップページのスクリーンショット

ショップURL:https://shop.starlink.com/products/jp-consumer-mesh-wifi-gen2

対策1:スターリンクメッシュノード(現在のショップ表記はMESH WIFI ROUTER)中心の運用とWi-Fi中継器の活用

1. スターリンクルーターのWi-Fi強度が弱い場所にメッシュノードを設置しても効果がいまいちなので、ルーターの真下(または真上)の部屋か同じ階の反対端の部屋に設置します。

それでもWi-Fiが届きにくい場所(地点X)がある場合、

2. 地点Xとルーターの中間付近にWi-Fi中継器を設置します。これにより、地点Xの電波状況が改善され、快適なインターネット接続が実現できます。

メリット: メッシュノードの購入(ステップ1)だけで済ませられる可能性がある。

デメリット:

  • メッシュノードの入手に時間がかかる。
  • それなりに費用がかかる

対策2:有線LANを活用

イーサネットアダプター販売ページ
画像はスターリンクショップページのスクリーンショット

ショップURL:https://shop.starlink.com/products/jp-consumer-ethernet-adapter-gen2

1. イーサネットアダプターを購入します。

2. 必要な場所まで有線で接続します。

メリット:

  • メッシュノードよりも機器代が安く済む
  • デスクトップPCなどに有線接続ができる
  • スイッチングハブなどの利用で複数機器に接続できる
  • 他のWi-Fiルーターなどを有線接続することで中継器と同様の運用ができる

デメリット:

  • 無線の範囲を広げるには別のWi-Fiルーターの設置が必要
  • 遠くの機器につなげるにはLANケーブルの配線工事が必要
  • 機器の増設やLAN配線工事などを行うと、結局メッシュノードの導入より費用がかかる
  • メッシュWi-Fiの構築には別のメッシュWi-Fiルーターセット(2台以上)が必要

対策3:他社製メッシュWi-Fiルーターとイーサネットアダプターを購入

1. イーサネットアダプターを購入します。

2. 他社製メッシュWi-Fiルーターを購入します。

3. 必要に応じてルーター間を有線で接続します。

メリット:

  • メッシュWi-Fiルーターによっては中継器タイプもあり、イーサネットアダプター不要でメッシュが構築できる場合がある
  • Wi-Fi6EやWi-Fi7などの新しい規格の機器が選べる
  • メッシュWi-Fiルーター独自のアプリが使える場合がある(そっちの方が使い勝手がいい場合がある)
  • 有線接続ができる(イーサネットアダプターを購入した場合、またはメッシュWi-Fiルーターが有線接続対応の場合)
  • 広い範囲で利用できる
  • ステップ3まで行うと安定したメッシュWi-Fiが構築できる

デメリット:

  • 費用がかかる
  • スターリンクのアプリだけで制御できなくなる

これらの対策を検討する際、自宅やオフィスの構造やインターネットの利用状況を考慮し、最適な選択肢を見つけましょう。また、設置場所や機器の相性も重要ですので、試行錯誤を繰り返し、最適な配置を見つけ出すことも大切です。

スターリンクのWi-Fiが届かない場所への対策として、メッシュノード中心の運用、有線LANの活用、または他社製メッシュWi-Fiルーターの導入が考えられます。それぞれの方法のメリットとデメリットを理解し、自分の状況に合った最適な選択を行いましょう。快適なインターネット環境を実現することができます。

最後に、スターリンクのWi-Fiが届かない場所への対策を実施する際には、公式ショップや他社製品のレビューやサポート情報を確認し、適切な機器やサービスを選択することが重要です。また、インターネットの利用状況やニーズに応じて柔軟に対策を選択し、最適なインターネット環境を整えましょう。

さらに、スターリンクのWi-Fiが届かない場所への対策として、以下のような点も考慮してください。

D:電波干渉の原因を取り除く

Wi-Fiの電波は、他の電子機器や障害物によって干渉を受けることがあります。特に、マイクロ波オーブンやワイヤレス機器、コンクリートの壁などが電波の通りを阻害することがあります。電波干渉を減らすために、以下の方法を試してみましょう。

  1. ルーターやメッシュノードを、障害物のない場所や他の電子機器から離して設置する。
  2. ルーターのアンテナの向きを変えてみる。
  3. ルーターの設定で、使用しているチャンネルを変更する。

メリット: コストがかからず、簡単な対策が効果的であることがある。

デメリット: 限定的な効果しか得られない場合がある。

これらの対策を総合的に検討し、自宅やオフィスの状況に合わせて最適な選択肢を見つけましょう。また、複数の対策を組み合わせることで、より効果的なWi-Fi環境を実現することも可能です。Wi-Fi環境が改善されれば、インターネットを快適に利用できるだけでなく、リモートワークやオンライン学習、オンラインゲームなど、さまざまな用途で快適に活用できます。

最後に、スターリンクのカスタマーサポートに相談することも検討してみてください。彼らは、あなたの状況に応じた最適な対策を提案してくれることがあります。

メリット: スターリンクの専門家から直接アドバイスを受けられる。

デメリット: サポートが混雑している場合、対応が遅れることがある。

これらの対策を試すことで、スターリンクのWi-Fiが届かない場所をカバーし、インターネット環境を最適化することができます。快適なインターネット環境を整えることで、あなたの生活や仕事がよりスムーズになるでしょう。

いずれの対策も、自分のニーズや状況に合わせて選択し、効果を評価していくことが大切です。最適なインターネット環境を実現するために、柔軟に対策を試し、調整していくことが求められます。

スターリンクのWi-Fiが届かない時の解決方法